Perfectly Free

雑記+持ち物管理+自己管理+α

相田みつを企画展へ行ってきた

相田みつを企画展を見に行きました。

職場で無料券をいただいた(正確にいうとたらい回しにされてきた)ので、使わせていただきました。

 

               ★

美術館へ行く感覚で行くと戸惑うかなと思っていたのですが、案外楽しめたことに驚きです。

夏休み期間なので、小学生くらいのこどもが多かったかな。

大人もけっこういましたが。

 

面白いなと感じたのが、印象に残った相田みつをの詩を書き写して、下にその理由や思ったことを書いてあるものを展示している場所。

だいたい小学生から高校生までの学生のものでしたが、多くの人が似たような箇所を印象的なフレーズとして書き写しているなと感じました。

道はじぶんでつくる

道は自分でひらく

人のつくったものは

じぶんの道にはならない

 

 

ちなみにわたしが気になったのは以下です。

人の為と書いて

いつわりと読むんだねぇ

 

 

優しさとは何なのか?

誰かのために募金をしたり、ご飯を作ったり、悩みを聞いたり。

他人にとっての尺度と、自分の尺度は違うから、自分が良かれと思って人にしたことが誰かにとっては良くないことかもしれません。物事や出来事はそれ自体でしかなくて。

だから、下手に気持ちを入れすぎると、思いを受け入れて貰えなかった辛さが大きくなると思います。優しさはときに残酷なものですね。

逆に、受け入れて貰えたり、自分の優しさが相手に伝わって相手がそれに対して反応を返してきたら、それは本当に嬉しいこと。当たり前なんかじゃない、とても幸せなことなんですよね。

 

なんでもかんでも「人間だもの」で済むわけではないですが、感情的に悩むことも大事な人間経験だ、とわたしは思っています。

面倒なことや辛いことからは距離を置きたくなりますが、そういう悩みにとことんハマった経験があるかないかで、共感する感度が深まっていく気がするんですよね。

共感なんてどうでもいいよって思うのであれば別ですけど、人間社会の中で生きてるなかで、無視できない部分だなぁと感じます。

 

 

あと、親は自分のこどもに苦労させたくないと思うものかもしれないけれど、辛いことに耐える経験をさせることが大事なんだっていう内容を書かれてたのを読みました。

まさにその通りだと思ってはいたのですが、わたしはこどもがいないので、なかなかそう上手くいくかどうかはわかりませんね。

 

距離感を持ちながら、寄り添う。

一緒に生きているということを意識する、大切にする。

やはり大事だからこそ干渉してしまうこともあるかもしれませんし、難しいことだと想像します。身近な人だからこそ、距離の取り方は非常に難しそうです。

 

               ★

 

「言葉」や「言葉の雰囲気」を感じ取るということもそうですが、共感したり考えたりということもできるのは、詩ならではだなと思いました。

 

 

腕時計を持ち続けている

f:id:turntable:20170430142923j:plain

腕時計は1本持っている。

 

職場へして行っているが、わたしはいつもすぐに外して机の上に置いてしまう。

パソコンの電源を入れるとすぐに外す。

キーをたたくときに邪魔に感じるからだ。

 

携帯やスマホで時間が確認できるとはいえ、勤務時間中にそれらを机の上に置いておいたり持ち歩くということもあんまりしたくはない。

腕時計は、社会人として1本あると良いと思っているので、いまだに持ち続けている。

 

学生の時から、壊れたら買う、というのを繰り返していたので、一度に1本を持つというスタイルになっている。一度に何本かを持つということは基本しない。

 

機能性とかブランドとかこだわりがないので、だいたいすぐ入手できそうな雑貨屋で買う。シンプルな時計が良いと思っているわけではないが、働くようになったら自然とデザイン性のあるものや可愛いものよりも、シンプルなものを選ぶようになっていた。

就活のときや人前で仕事するときでも使えるので、無意識な選び方にも自分の状況や環境が影響しているなーと思いますね。

 

 

思いがけないことの中に

f:id:turntable:20170723165046j:plain

今まで属していた世界から出て、新たな場所に行けば、それまで当たり前に受け入れていたことと違う価値観に出逢うことがある。その新しい場所で生きていくために、その場所なりのルールや思想や価値観を知って、そこに合わせて順応していく。

生き方として、今まで普通にしてきたことではあるけれど、あんまりにもこれまでと異なる価値観に出逢うとコペルニクス的転回をもたらすこともありますね。

 

7月から新しい職場で働いているのですが、これまでの職場で感じていた感覚とあまりにも違うので衝撃を受けています。

いい意味で、です。

 

3週間過ぎたのですが、印象は「熱すぎず冷ややかでもなく、非常にフラットであり、友好的」と感じました。

男性が多いということが関係しているかはわかりません。ただ、男性が事務処理や庶務的なことをさらりとやっている光景を見るのは、新鮮です。

今までは、口に出す人はいませんでしたが、庶務とか雑用は女性がやることで、男性は自分の専門的な仕事をするという感覚がベースにある場所で働いていたので、驚きが大きいのです。

 

今年の前半は辛い時期でしたが、それと引き換えに今の職場を発見できたことは今年一番の収穫です。(面接ではわからなかった点だが、室内環境もかなり気に入った)

転職や就活で苦しんでいる人は多いと思うけれど、上手くいかないときこそチャンスだったりするので、諦めずにやり遂げてほしい。

わたしの場合は、思いがけないところで良いものに出逢うことが多いです。とても欲しかったものとか行きたかった目的地ではなくて、こういう選択肢があるのならちょっと試してみようかな、とふらりと寄ってみた先で救われるんですよね。

旅行とかしていてもそれはよくあって、行くつもりのなかったお店とか観光地ではないけれどふと目に留まった場所へ行ってみたら、凄く楽しめたとか、新たな発見があったりする。

 

 欲に従うよりも、自分の勘をめぐらせて、新しい発見をするつもりで行動することも良いと思うこの頃だ。

 

よく気になったり買う服の色で自分の気持ちがわかる気がする

f:id:turntable:20170717164558j:plain

半袖プルオーバー・水色・IT’S DEMO
半袖ストライプシャツ・水色・Techichi Lugnoncure
 
新しい服を買った。
手持ちのトップスはモノトーンばかりなので少し色を入れたくて、最近気になっている水色をチョイス。

左のプルオーバーは内側にグレーのインナーがくっついています。
写真だとどことなく色の感じが上手く出ないけれど、物凄く好きな感じの色合いで、見ていて落ち着く。
 
涼しげでどこかふんわりした感じの水色、好きです。
そういう人物を自分に演じさせるためにも買ったのかもしれない。(笑
色ってまわりにもだけど、その色を纏っている自分自身にもかなり影響を与えるから、見た目から入るっていうのもありなのだそう。
モノトーンも好きだけれど、どこかクールでとっつきにくい感じというか、冷たい印象を与えてしまうかなと最近は考えている。
新しい職場に入ったばかりで、今の環境に上手く溶け込んでいくためにも、ほんの少しでも自分をやわらかく見せたいと思ったんだな・・・とふと気が付きました。
 
実際がどうであれ、いろいろなことが自分に影響を与えているのだということは確実に言える。
いろいろな状況や環境などが自分をつくっている。
演じるというよりも、いつのまにかそれを取り込んでいくと言えるかもしれない。
千と千尋の神隠しに出てくるカオナシのように。

服を着ることでその服の色のイメージをわたしは纏う。ちょっとした所作や表情の作り方も無意識に変えているだろう。
それが自分の一部になる。
そしていつか、本当の自分はどういう感じだったのかはわからなくなったりすることもあるかもしれない。
 
 

向日葵

f:id:turntable:20170717080431j:plain

今日は電車でふだんあまり行かない場所へ出かけた。
大学時代に使っていた駅まで行ってみたのだ。
 
 
大学在学中に工事をしていた駅は、卒業後に大きなショッピングモールと直結した。
わたしは一度その変貌を遂げた駅を見に行き、圧倒された。
あれから数年経つ今日、かなりひさしぶりに訪れてみて、やはり「きらびやか」になったなぁとしみじみ思いながらショッピングモールをぐるぐる歩いた。駅からは少し離れているが、新たにつくられたショッピングの出来る他の建物へも入ってみた。
 
そして気が付く。
数年前に来たときとは、微妙に店舗が変わっていたのだ。
ゴスロリ寄りの服を展開していたお店が、まったくテイストの違う店に変っていた。
 
最近グローバルワークってどこでも見る気がするのですが、なぜなのでしょうか・・・。
入りましたが、見た目は理想だったけれどサイズがないのがあって諦めて何も買わずに出てきました。
サイズが大きくてダボダボになるのはダサいと個人的に思っている。
最近の『わざとダボっとした感じに仕立てているボトムス』に微かな苛立ちを覚えているところです。もうちょっとサイズ感考えてくれませんかね?
 
 
冷房の効きすぎた建物を出て、なまあたたかい空気にうんざりしながら歩く。
日曜だから人が多い上、欲しいものもないままにショッピングをしていることもあってか、どことなく疲れを感じる。
 
そんな中で、ふと向日葵が目に入った。
「夏はこれからだよ!」と話しかけられた気がして思わず足を止めた。けだるい暑さにもめげずに咲き誇る姿は、ビタミンを補給してくれる気がしてわたしはしばらく向日葵の前で佇んだ。今年は妙に暑いね、と胸の中でつぶやいてみる。
 
しばしの休息後、相変わらず人が行き交う場所を進んだ。
急激な変化を遂げた街にも、夏はやってくる。
季節は変わらずに巡るのだと感じた休日でした。
 
 

最近のオフによく着ている服(夏)

f:id:turntable:20170710062827j:plain

トップス:白紺ボーダー・cinema club

ボトムス:アシメスカート(黒)・cinema club

かばん:Legato Largo(黒)

 

6月頃からアシメスカートをオフの時に着ている。

暑い時季はスカートを履きたくなります。

 

 

5月、6月はジーンズも着用していたが、7月の暑さでジーンズは無理。

f:id:turntable:20170710063414j:plain

ボトムス:青地デニムジーンズ・glove

 

6月まではスニーカー(ハイカットコンバース・黒)を合わせていたが、サンダルを買ったので7月はこれで過ごす。

 

f:id:turntable:20170710063839j:plain

 

 

7月だし暑くて仕方ないのでサンダルを買った

f:id:turntable:20170710063839j:plain

サンダルを買った。

白と黒と茶色があったけれど、わたしの選択は黒一択。

 

休日にだけ使う。

暑い時季にハイカットスニーカーはやはり辛いと思いました。

 

ふらっと海を見に出掛けたくなる。

そんなラフな感覚が好きだ。