Perfectly Free

雑記+持ち物管理+自己管理+α

よく気になったり買う服の色で自分の気持ちがわかる気がする

f:id:turntable:20170717164558j:plain

半袖プルオーバー・水色・IT’S DEMO
半袖ストライプシャツ・水色・Techichi Lugnoncure
 
新しい服を買った。
手持ちのトップスはモノトーンばかりなので少し色を入れたくて、最近気になっている水色をチョイス。

左のプルオーバーは内側にグレーのインナーがくっついています。
写真だとどことなく色の感じが上手く出ないけれど、物凄く好きな感じの色合いで、見ていて落ち着く。
 
涼しげでどこかふんわりした感じの水色、好きです。
そういう人物を自分に演じさせるためにも買ったのかもしれない。(笑
色ってまわりにもだけど、その色を纏っている自分自身にもかなり影響を与えるから、見た目から入るっていうのもありなのだそう。
モノトーンも好きだけれど、どこかクールでとっつきにくい感じというか、冷たい印象を与えてしまうかなと最近は考えている。
新しい職場に入ったばかりで、今の環境に上手く溶け込んでいくためにも、ほんの少しでも自分をやわらかく見せたいと思ったんだな・・・とふと気が付きました。
 
実際がどうであれ、いろいろなことが自分に影響を与えているのだということは確実に言える。
いろいろな状況や環境などが自分をつくっている。
演じるというよりも、いつのまにかそれを取り込んでいくと言えるかもしれない。
千と千尋の神隠しに出てくるカオナシのように。

服を着ることでその服の色のイメージをわたしは纏う。ちょっとした所作や表情の作り方も無意識に変えているだろう。
それが自分の一部になる。
そしていつか、本当の自分はどういう感じだったのかはわからなくなったりすることもあるかもしれない。